DIARY

工房織座モノがたり

工房織座の機織り体験ワークショップ

05.22.2015

工房織座は、今治市玉川町、鈍川温泉から1キロ手前ほどに在ります。

ファクトリーショップには、たくさんのストール、ショールなどが並び、

それらストールを生み出すレトロな織機がどうしている、実際の製造現場の見学も随時可能です。

 

そして、2015年に入ってから、もうひとつ、工房織座で体験できることが増えました。

そのうちのひとつが、機織り体験ワークショップ。

内容は、

「自分で企画して、オンリーワンのストール・マフラーを作ろう。」

 

内容そのままですが、自分自身で企画し、デザインした、ストールを、自身で織り上げて、仕上げして、持って帰ってもらう、というものです。

所要時間は、4時間以内。およそ半日です。

 

 

場所は、敷地内にあるログハウス。

 

 

壁面にはカラフルな糸、そして中央には、

このワークショップで使う、

明治時代の木と鉄でつくられた織機が置かれています。

 

 

この織機は、おそらく明治時代に使われていたであろう「足踏み織機」というものです。

現代主流の高速織機ではなく、または、手織りの織機でもなく、

この足踏み織機は、足でこぐことで、よこ糸と行き来し、

織物が織られていきます。

 

 

4時間の所要時間のうちまず最初に行う作業で、多くの時間を割いてしまうのが、企画・デザイン。

図面に描き、糸を選ぶ、世界でひとつの自分だけのストールを作る為には、時間をかけて真剣に悩んでしまいます。

これで間違いない!と作り上げたデザインから、次は、実際織る為の、プログラミング、(指図書)です。

 

 

プログラミング、織る為の糸の準備をして、

そして次は、メイン作業、足踏み織機で織り進めていきます。

 

 

上から見た様子、両手はしっかり握り、ガッチャンガッチャンと織っていきます。

途中糸を変えながら、ガッチャンガッチャン。

最初はぎこちなかった足踏みですが、途中からなれると慣れてくると一定のリズムで軽やかになります。

 

 

織り上げて、最終加工が終わり、ようやく完成する世界でひとつのストール。

 

 

 

 

これはほんの一例です。

 

自分で企画して作り上げたマフラー、ストールは、

きっとお気に入りのひとつになるはずです。

 

 

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

ワークショップno.1 

「自分で企画デザインし、オンリーワンのストール・マフラーを作ろう。」

 

 

内容

希少性のある足踏み織機を使ってマフラー・ストールを織ります。

デザインするのは、マフラーのサイズ、糸の色、色の素材と太さ、たて糸のセレクト、よこ糸の入れ方、目の粗さ、など、全てご自身で企画デザインし、他にはない、オンリーワンのマフラー、ストールを短時間で完成まで作りあげます。

 

織機

明治時代の足踏み織機

 

日程

完全予約制(メール、電話にて日程の確認をお願いいたします。)

 

人数

1人 

※織機が一台のため基本的に一人ですが、2人で参加希望の場合、事前にご相談下さい。

 

時間

およそ2時間半~4時間(つくる内容によって異なります)

 

受講料

1枚 10,000円(税込) ※作られた商品代も含まれます。

 

 

問い合わせ先

株式会社工房織座 ワークショップ係

TEL: 0898-55-2564

E-mail : ori@oriza.jp

Please reload

最新の記事
Please reload

Category
Archive
Please reload

〒794-0117 愛媛県今治市玉川町鬼原甲55

Tel 0898-55-2564

Fax 0898-55-2584

E-mail info@oriza.jp

FACTORY SHOP(直営店)

営業時間

平日  9:30 - 16:00

土日祝  不定休

■新規のお取引について

全国の小売店様向けに卸販売をしています。

弊社までお問い合せください。

Copyright ©kobooriza.inc All Right Reserved.