DIARY

工房織座モノがたり

「たてよこよろけもじり織り」が織られる様子

07.21.2016

 

 

 

先日、工房織座の「たてよこよろけもじり織り」が織られる様子の映像を、

自分たちで作成したのですが、せっかくなのでアップいたします。

 

 

 

 

 

たて糸に白い糸、よこ糸に黒い糸を打ち込んでいます。

たて糸、よこ糸ともにまっすぐではなく、波を描きながら織る独創的な技法で、

織られる織物は、幾何学的で立体的な模様に見えるのが特徴です。

 

 

この織物を織るために、織機にあらゆる改造を施しています。

その中のひとつが、筬(おさ)。

筬とは織機の付属具で、金属の細い棒をまるでクシのように並べて枠をつけたものでして、

たて糸をきれいに整えて、よこ糸を打ち込むのに使います。

 

 

上の動画で、前後にバッタンバッタンと動いている個所にあるのが筬です。

 

実は、工房織座がつかっているこの筬、非常に特殊な形をしています。

一般的なものはクシのようにまっすぐな形をしているのですが、

「たてよこよろけもじり織り」を織るこの織機の筬は、蛇腹のようなジグザグとした形です。

さらに、織りながら上下にゆっくりと動いています。

 

筬の形、動きが、この独自の織物を生み出すポイントのうちの一つです。

 

 

動画をご覧いただいたうえで、さらに興味を持っていただけたのであれば、

ぜひ、工房まで直接ご覧にいらしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

最新の記事
Please reload

Category
Archive
Please reload

〒794-0117 愛媛県今治市玉川町鬼原甲55

Tel 0898-55-2564

Fax 0898-55-2584

E-mail info@oriza.jp

FACTORY SHOP(直営店)

営業時間

平日  9:30 - 16:00

土日祝  不定休

■新規のお取引について

全国の小売店様向けに卸販売をしています。

弊社までお問い合せください。

Copyright ©kobooriza.inc All Right Reserved.